パックスの観覧席

パックス工業の観覧席は末永く、安心してご使用頂けます。

仮設の観覧席などに対して、JIS規格等の明確な基準がありません。
安心安全にご使用いただける製品としてその信頼性を得るために、信頼性の高い試験機関である
一般財団法人日本建築総合試験所 にて最大限の耐荷重試験を実施しています。
その耐荷重試験内容や結果などを公表していますので、ぜひご覧ください。

安心安全への取り組み

安心安全への取り組み

01 荷重試験の実施

単品での荷重試験

荷重試験の実施

荷重試験の結果

段板 1枚の鉛直荷重について
900×300mmタイプで最大値867kgf
900×300mmタイプで最大値706kgf
1ユニット(枠 +段板)の水平荷重について
950×900×920mmで最大値377kgf

セットでの荷重試験

荷重試験の結果

ひな段3段5連セット水平荷重試験について
4550×600×620mmで最大値1,293kgf
4550×900×920mmで最大値1,621kgf

荷重試験の結果

手すりの後方水平荷重について
最大値255kgf

02 国産製品

品質を第一に考え日本国内で製造しております。製品は昭和電工グループの築港工場・紀の川工場で生産されております。

昭和電工アルミ販売株式会社http://www.sdat.co.jp

03 JEMA安全基準適合認定マークの取得

JEMA安全基準適合認定制度とは安全基準適合認定制度とは…

一般社団法人日本教材備品協会<JEMA>が学校における児童・生徒への科学物質放散による健康被害から守るために、教材・教具から放散する科学物質発生量(学校環境衛生の基準対象6物質)の安全可否を、環境省基準よりハードル上げた「JEMA安全基準」を定め、厳格な審査でこの値をクリアーした商品に対し「安全認定マーク」(商標登録第5021810号)の表記が許諾されます。

一般社団法人日本教材備品協会<JEMA>http://www.jema.or.jp

04 生産物賠償責任保険加入

全ての商品が、PL保険制度に沿った生産物責任保険加入商品です
※製品・商品に起因する対人・対物事故による賠償責任を補償する保険です。

05 全ての段板・天板は「バフ研磨」加工仕上げ

弊社製品全ての天板(段板)に「パフ研磨」加工を施しています。一般的な「パフ研磨」加工とは、磨いて角を取りツヤをだす加工で、切断面積の大きい箇所はヤスリ垳が一般的ですが、弊社ではフエルトや柔らかい布、ポリッシングパッド、フラップバフなどの布製の研磨製品を使ってさらにミクロレベルにまで磨きこむ手間のかかる工程を行なっています。安心安全に使っていただく製品づくりのために一切手間は惜しみません。

パックス工業観覧席の
5つの特徴

パックス工業観覧席の5つの特徴

01 工具不要で組立簡単!

設営(組立)・撤去(収納)には、装着してある蝶ネジや段板を使用するだけ。ドライバー等の工具がいりません。

02 コンパクトに収納可能!

年に数回しか使わない場合もあるので、収納場所の問題は悩みの種だと思います。しかし折りたたみパーツを使用しているので、収納時のサイズは設営サイズの約1/15 で収納できます。

03 軽くて持ち運びもラクラク!

折りたたみ式パーツをつなげるだけなので、持ち運びも便利。女性や年配の方でもラクラク運べます。なので設営(組立)・撤去(収納)に少人数で作業できます。

04 カスタマイズ品も製作可能!

カスタマイズ品の注文も承っております。「○人乗れるような観覧席が欲しい」、「設置サイズを相談したい」など、簡単なご相談でも大丈夫です♪お気軽にお問い合わせくださいませ。

05 消音機能で安心!

イベント開催時に金属音である“キシキシ”“カタカタ”と音が鳴ってはイベントが台無しです。弊社ではそういった音がしないように天板・段板には固定ゴムを装着し、脚部の上部全面に接触音やガタつきなどを防止するためのシートゴムを装着しているので“キシキシ”“カタカタ”といった音は一切しません。また、屋内・屋外でも使用していただけるよう床との接地面には、コーナーゴムを装備しておりフローリング・ピータイルなど傷つきにくい仕様にしております。

どうぞお気軽にお問い合わせ・
ご相談くださいませ

受付時間 9:00~18:00 ※土日祝祭日は除く
 | サポートに費用は一切いただいておりません。

お電話でのお問い合わせ
06-6773-5306東京03-6228-7334
FAXでのお問い合わせ
06-6773-5424